東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:延長後半に決定機を決められず、悔しがるFW和田。

全国社会人サッカー選手権大会ニュース

東京Uプラス、追加点奪えずPK負け

写真:延長後半に決定機を決められず、悔しがるFW和田。

 全国社会人サッカー選手権大会・関東予選に2年連続出場を果たした東京Uプラス(東京1部)は5日、Gブロック1回戦で埼玉代表のさいたまSC(埼玉1部)と戦い、1-1で迎えたPK戦を3-4で落とし、2年連続初戦敗退となった。

平尾の先制弾も勢い付かず

 今大会の位置づけについて福田監督は「実際の話、全国に出れたとしてもうちの選手は仕事もあるし鹿児島まで行けない。だから、今日は勝ちを目指しつつも普段練習で頑張ってはいるけどクオリティ、何かが足りない選手にチャンスを与えた」と正直な胸の内を明かした。ただ、そこはやはりいつもと違う11人。終始やる気と技術がチーム全体で噛み合わず、12分に平尾の『個』による豪快なロングシュートで先制点を奪っても、特に勢い付いたり、代わり映えすることなく、淡々と時間だけが過ぎた。

 1点リードで迎えた後半頭からは見切りをつけたようにレギュラークラスのMF小田、尾ノ上を投入してチャンスを作り始めたが、途中、FW平尾がカウンターの際に相手と激しく接触するアクシデントに遭って負傷退場となると、再び攻撃が停滞。60分にサイドのスペースを突かれてドリブルシュートを決められてゲームが振り出しに戻ると、それ以降は守っては攻めの単純な繰り返しとなった。要所で身体を張る守備陣の奮闘で失点こそしないものの、攻撃は須藤のシュートがバーを叩いたり、延長戦でもFW和田がシュートをバーにぶつけたりと1点が奪えず。迎えたPK戦ではGK高橋が好セーブも見せたが、最後は渡辺、和田が失敗に終わって敗退。

 福田監督は「あれだけサイドから決定機を作っても入らない。あれがやっぱりクオリティなんだと思う」とさばさばとした口調で振り返り、「今日の試合で選別もできたし、自分の実力を自覚した選手もいる。リーグ戦につなげるしかない」と切り替えていた。

PhotoGallery PhotoGallery PhotoGallery PhotoGallery

大会トーナメント表
第58回全国社会人サッカー選手権大会・関東予選(PDF)

PR

PR

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP