東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:後半に逆転ゴールを決めてサポーターと喜ぶ南葛の村越。

全国社会人サッカー選手権大会ニュース

南葛がN.に逆転勝ち 初の全社出場へ

写真:後半に逆転ゴールを決めてサポーターと喜ぶ南葛の村越。

 全国社会人サッカー選手権大会・関東予選最終日は19日に関東各地で開催。Eブロック決勝はFC N.(東京1部)-南葛SC(関東1部)の東京勢対決が神奈川県保土ヶ谷公園サッカー場で行われ、南葛が0-1で迎えた後半に安羅修雅と村越健太のゴールで2-1で逆転勝ちした。南葛は10月に鹿児島県で開催される全国大会に初出場する。

後半のシュート2本で逆転 勝負強さ発揮

 経験豊富なベテランのMF稲本を先発で出場させながら、開始5分にいきなり失点してビハインドを背負った南葛。以降も前半は大学生のN.に伸び伸びとプレーされて、さほど好機を作れなかった。だが、ハーフタイムを終えていけると思えたN.のわずかな心の隙を突くように、今度は南葛がギアを上げて反撃にでた。

 後半開始2分、右SB三原の縦のロングボールを後半から入った岡田が高い位置で収めて、中央に折り返したボールをFW安羅がダイレクトで蹴り入れて同点。これで流れをつかむと、ここからはひるんだ相手に一気に圧力をかけて押し込んだ。61分にはCKの流れから左奥でボールを受けた村越が、右に左に切り返してマークを外し、最後は右足でニアサイドに打ち込み、個の力で逆転に成功。

 南葛が放った後半のシュートはこの2本のみ。それ以降はギアを1段、2段は落としてゲームを進め、攻めよりも守備を無難にこなし、嫌な位置で失ったとしてもファウルで食い止めるなど致命傷にはせず。時計の針をうまく進めてそのまま逃げ切った。

 「先に失点はしたが、焦ることなく自分たちのサッカーをやれた。最後まで走り切ってくれたことが勝利につながった」と森監督。

 リーグ戦では開幕から6戦未勝利が続く南葛にとって、JFLへの道がつながる全社出場は是が非でもほしかった権利。それを獲得したとあって試合後の監督、選手には安堵の表情が広がった。

 「目標はJFL昇格。そのためには(全社も)勝ち続けなくてはいけないが、そこにつながるためのプロセスを大事にしたい。目標をしっかり見据えながら一日、一日を大切にやっていきたい」と監督は話した。

大会トーナメント表
第58回全国社会人サッカー選手権大会・関東予選(PDF)

PhotoGallery PhotoGallery PhotoGallery PhotoGallery

PR

PR

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP