東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:後半エリア内に侵入するZIONの白井。

東京都リーグニュース

ZION、攻撃単調に終わり無得点 2敗目

写真:後半エリア内に侵入するZIONの白井。

【東京1部-B】三菱養和 1-0 ZION

 前節6点を奪って初勝利を挙げたZION。その勢いをこの試合にも持ち込みたかったが、最後まで得点は奪えず、開幕戦以来の黒星となった。

 攻撃が終始単調だった。相手のプレッシャーもあって最終ラインは縦に長いボールを蹴るシーンが多く、それを前線がおさめられず、カウンターでサイドから簡単にクロスを入れても中央で合わなかった。前半途中からは配置を変えたりもしたが、前節見せたような中盤の細かいつなぎは鳴りをひそめ、相手を食いつかせたり、おびき寄せることなく裏を狙う攻撃ではゴールは遠かった。

 後半からはFW尹英勝、その周囲を走り回れる白井を投入して打開を狙ったが、状況はさほど変わらずで、最終ラインや中盤の底からひたすらロングボールを蹴る攻撃は、去年までの尹英勝頼みの攻撃に逆戻りしているようで、白井が前線に入った効果はさほど感じられなかった。白井自身も「中盤のつなぎ目になろうとピッチに入ったが、相手がプレッシャーをかけてきて、後ろがいい状態でボールを蹴れなかった。中盤が間延びする状況は前半とあまり変わらなかった」と嘆いた。

 「自分たちのサッカーが出来ない時のセカンドオプション、戦い方、そういったところはまだ戦術に落とし込めていない。今後も相手は対策してくるだろうし、自分たちも改善していかなくてはいけない」と白井は話した。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    三菱養和、引間の豪快ミドルでZION下す
    東京1部 6月20日

  2. 写真ニュース

    ZION、青山に6発大勝 今季初勝利
    東京1部 6月6日

  3. 映像ニュース

    ZION 6-1 FC青山
    東京1部 6月7日

  4. 写真ニュース

    三菱養和は4敗目 攻守に“らしさ”遠く
    東京1部 5月23日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP