東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:終盤は再三ゴールに迫った東京のMF大音ら。

国民体育大会ニュース

東京、力出し切れず無念の敗戦

写真:終盤は再三ゴールに迫った東京のMF大音ら。

【関東予選 1回戦】東京 0-1 山梨

追う展開招き 引いた相手に策乏しく

 試合後の選手たちからは「もっと出来たのに」、「力を出し切れなかった」そんな声が聞こえてきた。東京1部、2部の選手たちが国体予選という場で、自分たち本来の力すら出せずに終わったのなら、結果がこうなるのは必然だろう。

 李監督は前半を振り返り「ゲームになっていなかった」と言った。東京は相手をあえて自陣におびき寄せてから、その背後のスペースを突いて前に出るのがチーム戦術の柱。だが、山梨も同様に守備から入って自陣に居座り動かなかった。「特にパワーは感じなかった。後ろで回していても前から圧力をかけてくるような感じではなかった」とゲームキャプテンのMF廣澤。

 それならお互いが様子見、にらみ合い、我慢比べが続くはずが、浮足立った東京は相手の誘いに乗じて正面から突っ込んでいった。入口で踏みとどまることを本能的に察知できる人間もピッチにはいなかったか。

 前のめりの東京は相手の守備網に引っ掛かると、簡単に山梨にカウンターで背後をつつかれ、一度目のピンチこそGK徳吉が防いだが、前半ラストワンプレーに再び背後を突かれると、まさに東京がやりたいショートカウンターの形できれいに決められた。

 せめてあと30秒ほど失点せずに前半を0-0で折り返していれば、後半は相手もどこかで勝負を仕掛けに前へ出てきただろうが、後半の山梨は殻にこもったように自陣から出なかった。後半、東京の見栄えがよくなったのは、相手が攻めを放棄して守りに徹したからで、決して自らが能動的に動いて相手を追い詰められたわけではない。しかも、スペースを消されて走力を活かせない時の東京には攻撃の手数はほとんどなく、出来ることといえば外回りからのクロスを放り込み、その跳ね返りのこぼれ球をDFのブロックを前に遠目からミドルシュートを狙うくらい。

 それならもっと早くにドリブルを縦に横に仕掛けられて、時間差も作れて、ミドルシュートも撃てるMF大音を投入しても良かったはず。ただ、前半に日野がアクシデントで交代するなど想定外のことも起こり、ベンチも大胆なカケには出られなかった。

 ひたすら密集地帯への侵入を試みたり、クロスボールを入れ続けた東京だが、FW政森がピッチを去ってからはターゲットになる選手も見当たらず、“事故的”な偶然から生まれるビッグチャンスも訪れず、終盤に廣澤のヘッドがポストを叩くと万策尽きた感は否めなかった。

 これで5月中旬から走り出した国体チームは代表決定戦にすらたどり着けず、初戦敗退という形で解散。“結果はともあれ、このメンバーでよく頑張った”と労いたいところだが、選手からするとそんな言葉は何の慰めにもならないだろう。負けるなら空っぽになるまですべてを出しきって敗戦を受け入れたかったはず。それすら出来なかった現実が残念でならない。

MF廣澤コメント

「前半が硬く入りすぎた。もっと人が追い越して行く動きだったり、前進していくようなアグレッシブなサッカーをしたかったが、相手は前から無理にボールを奪いにくるわけでもなく、中盤の自分のところを消しにきた。いつもなら前進させられるようなパスを出せたが、今日は出せなかった。後半は引かれた相手に点が取れるほどの技量、テクニックが自分たちになかったのが正直なところ。今回の国体の活動を通じてやはりチームは結束力を高めてまとまった方が強いと感じた一方で、このくらいのレベルでは、いざとなった時に自分たちの力を出しきれないということも痛感した」

PR

PR

関連記事

  1. 映像ニュース

    山梨県 1-0 東京都
    国体予選 8月20日

  2. 写真ニュース

    東京、初戦敗退 山梨に0-1
    国体予選 8月20日

  3. 写真ニュース

    東京、20日に山梨と1回戦 初戦突破なるか
    国体成年 8月19日

  4. 写真ニュース

    李監督「満身創痍の戦いになると思う」
    国体成年 8月18日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP