東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:FC N.は東京海上に敗れて今季4位以下が決定。

東京都リーグニュース

N.は4位以下が確定 2年連続関東大会出場ならず

写真:FC N.は東京海上に敗れて今季4位以下が決定。

【東京1部】東京海上 2-1 FC N.

 N.は東京海上に敗れたことで2年連続となる関東大会出場の可能性が消滅。今季の4位以下が決定した。試合前、金澤監督は「4年生にとっては負けたら今日が大学生活最後のゲームになるかもしれない。そういった覚悟を持って臨むように」と伝えていたという。

 序盤は得意のショートパスを動かしながら東京海上の選手たちを食いつかせ、守備ブロックを広げたところで縦パスを通して一気にゴールに迫るなど持ち味は十分に発揮した。だが、そこで肝心のゴールが奪えずにもたつくと、33分にはケガから先発復帰した4年生のCB佐藤がエリア内で相手の足を引っ掛けてPKを献上。痛恨の先制点を許した。

 後半は序盤にFKからさらにもう1点を失うと、以降はボールは持ててはいるものの、バイタルエリアに入ってからの怖さを示せず。足元でしっかりとシュートに持ち込めたのは79分の馬場の同点ゴールの場面くらいで、実際、運動量で上回って反撃に出るはずの後半のシュート数は記録上1本だった。

【動画/ハイライト】東京海上 vs FC N.

 今季は開幕から6連勝するなど快調に飛ばしながら、6月に全社予選でケガ人を出して調子を落とすと、中断明けの2ndステージからは一旦ケガ人も戻って復調したが、直後に主力をトップチームに数人引き抜かれて再び失速。結果的には全社本大会にも進めず、関東大会にも出場を果たせず、最終戦を前に今季の4位以下が決定する結果となった。

 金澤監督は「途中、チーム編成など色々とあったが、それは言い訳にはならないし実力不足。指導者として4年間通しての強化ももう少し考えなくては」と現状を受け入れ、最終戦に向けては「事実上、関東リーグ昇格の可能性がなくなったが、最後まで力を抜かずに戦い切る」と話した。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    N.はアローレと1-1のドロー
    東京1部 10月2日

  2. 写真ニュース

    N.が暫定3位浮上 復帰の佐藤が先制点
    東京1部 9月19日

  3. 写真ニュース

    N.健闘も南葛に逆転負け 全国届かず
    全社関東予選 6月20日

  4. 写真ニュース

    N.、養和に5点快勝 前半だけで4点
    東京1部 5月16日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP