東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:左サイドをドリブルで仕掛けるクリアソンのMF堀田。

JFLニュース一覧

クリアソンMF堀田「いまは刺激的で充実した日々」

写真:左サイドをドリブルで仕掛けるクリアソンのMF堀田。

 JFLのクリアソン新宿は13日のホーム最終戦(第29節)でHonda FCと2-2で引き分け、残すはアウェイでのヴェルスパ大分との1試合のみとなった。今季、東京1部の東京海上FCからクリアソンに加入したMF堀田はここまでのJFLでのシーズンを「非常に刺激的で充実している」などと振り返った。また古巣の東京海上FCがリーグ優勝を果たしたことについては「すごくうれしい。僕自身も刺激をもらった」などと語った。13日の試合後に行った主な一問一答は以下の通り。

── 最終節が残っているが、JFLというステージをここまで戦ってみての感想は。

「スケジュール的な大変さ、苦労というのはもちろんあるが、それ以上に得られるものが多く、非常に刺激的で充実した日々を送らせてもらっている。遠征など今までにはないレギュレーションの中でサッカーをしていることも、負担感というよりかは自分自身、チームが色々な経験を積んで強くなっていくことを実感できているのでとにかく充実している。

 JFLというリーグに対して思うことはフィジカル、スピードなどは以前の都リーグよりかは格段に高いと感じるが、何より感じるのはしたたかさ。ひとつのチャンスを決めきる、試合の運び方、そういったところがすごく秀逸。そこは個人としても、チームとしてももっと身につけていかなくてはいけないところ」

── JFLにおいての個人的なレベルの差は感じたか。

「最初は厳しいと感じたが、徐々にコンディションが上がってきてからは走力、スピード、上下動の繰り返す動きなど、対応出来るようになってきた。あとはこれまでの社会人サッカーで身に付けた試合の中でのパワーの使いどころ、それにゲームの流れ、ボールの流れ、プレーの流れを読む力。そういったところはカウンターで起点になるなど、自分の強さとして発揮できていると思う。プレーを重ねるごとに自分の強みはどこか、逆に自分が相手とのマッチアップで出さないようにしたい弱い部分はどこか、そういったことが整理できるようになったので、ひとつひとつのプレーの質、プレーの判断は良くなってきていると思う」

想像を超えた自分に出会ってみたいと思った

── そもそも東京海上からクリアソンへの移籍、JFLに挑戦しようと思ったきっかけは。

「自分自身が挑戦したいという思いもあったが、どちらかというとその機会を与えてもらったという感じになる。正直、最初にこの選択を迫られた時は自分の中にも『やっぱり難しいんじゃないか』というものがあった。でも、より難しいことに挑戦して、自分が想像する自分の可能性、それをさらに超えていく自分を見てみたい、想像を超えた自分に出会ってみたいと思ったのでチャレンジしようと思った。失うものはないし、全力でぶつかってダメだったならそれはそれでいい。かなり背伸びをした選択だったと思うが、チャレンジしたいと思って決めた」

── 結果的にはレギュラーとして活躍も出来ているし、うまく順応できたのでは。

「自分で順応できたというよりかは、チームがそれをサポートしてくれた。もちろんチームだけでなく職場、家族、自分の生活を取り巻く方々のサポートがあって、うまく溶け込めた。ここから先はもっと自分自身がチームに刺激を与えたり、働きかけることをしていかなくてはいけない。今は自分が想像していなかった世界を見れているので、これをさらに超えていきたいし、もっと自分の存在意義を示していきたい」

東京海上FCからも刺激をもらっている

── 東京1部では東京海上FCがリーグ優勝を果たした。

「すごくうれしい。ケガ人も多くて難しいシーズンだったと思うが、それでも優勝できたことはすごいと思う。毎回、ハイライト動画をチェックして僕自身も刺激をもらっていたし、みんながあれだけ頑張っているからこそ、自分ももっと結果を残さなくてはいけない、何か伝えられる活躍をしなくてはいけないと思っていた。非常にうれしいし、感謝もしている」

── ご自身が抜けてからの東京海上のサッカーの印象はどう映ったか。

「以前よりもボールの運び方がうまくなったという印象。おそらく勝ちを積み重ねていることで、どんどんと自信を付けていっているのが映像からも伝わってくるし、社会人1年目だった選手、なかなか自信を持ってプレーできていなかった選手たちが今はチームの柱として引っ張っている。そこが優勝するにふさわしいチームになった要因だと思う」

── 最後に、あと1試合JFL最終戦が残っているが、そこに向けての意気込みは。

「ここまで戦い抜いてきたリーグ戦の締めくくりになる。チームとしてはこれまで通り成長していかなくてはいけないし、今日のゲームの中でも反省点はある。自分自身ももっと個で打ち破ってチームを助けたいという思いがある。最終戦は色々な方々への感謝の思いをエネルギーに変えて、圧倒的なパフォーマンスを発揮できるように準備していきたい」

JFL順位表

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    クリアソン 最後に追い付きHondaとドロー
    JFL 11月14日

  2. 映像ニュース

    クリアソン 2-2 Honda FC
    JFL 11月14日

  3. 写真ニュース

    大和田「PK自信あった」キッカー志願
    JFL 11月14日

  4. 写真ニュース

    国立開催のクリアソン、鈴鹿に0-1で敗戦
    JFL 10月9日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP