東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:初戦を終えて引き上げる髙原ら沖縄のイレブン。

全国地域CLニュース一覧

沖縄は無失点も攻撃機会少なく

写真:初戦を0-0で終えて引き上げる髙原ら沖縄のイレブン。

【決勝R】沖縄 0-0 浦安

 ボールを保持して攻めてくる浦安を、DF岡根を中心とする鉄壁の沖縄守備陣が封じた。「真ん中の3人で弾けたらいいという認識。押し込まれても簡単にはやらせない」(岡根)という自信が無失点につながった。

 5-4-1でしっかり守り、ボールを動かすところまでは訓練されたものを表現出来ていた。ただその先、ゴールに結びつける段階に課題が残った。

 沖縄の髙原監督(選手兼任)にとっては、5-4-1の堅守は最後の手段であり、出来ることなら前からプレッシャーをかけて積極的なサッカーをしたいと思っていたようだ。しかし浦安のポジションチェンジへの対応でポジショニングやマークの受け渡しが難しくなるため、引いて構えることを許容、硬さが残る初戦の引き分けをよしとした。

「本来であればショートカウンターを食らわしたかったんですけど、浦安さんの切り替え、戻りも速かったし、それに対してぼくらは前に行く推進力が足りず、追い越していく動きも少し遅かった、それによって攻撃出来るチャンスを失っていたかな、と」(髙原監督)

 最終ラインから広がったウイングバックなりボランチにボールをつけるところまではいい。だが、そこから相手をいなし、シュートまで持っていきたい場面でそれが出来なかったのは質の不足によるものだという。トレーニングを継続してはいるが、それを浦安相手に実践するにはまだ力が足りないのかもしれない。

 髙原監督は第2戦の栃木戦に向けてこう締めた。「何かを新しくというのはいまの段階で無理なわけで、今日の試合で自分たちがもっとやれたはずのところをしっかり照らし合わせ、次の試合に向けて準備したい」。主軸の岡根も「もう少しボールを持ちたい」と、言葉を揃えた。

 ロジカルに出来ることを追求する髙原監督の手で、沖縄は方向性を見失うことなく質を高め、二日目の勝利とJFL昇格をめざす。
(後藤勝)

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    栃木は白星スタート 浦安は沖縄とドロー 地域CL決勝R
    全国地域CL 11月23日

  2. 写真ニュース

    浦安ドロー 都並監督「モノに出来る可能性あった」
    全国地域CL 11月24日

  3. 映像ニュース

    沖縄SV 0-0 ブリオベッカ浦安
    全国地域CL 11月23日

  4. 写真ニュース

    栃木、刈谷との再戦勝利 今矢監督「信念増している」
    全国地域CL 11月24日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP