東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:J3相模原への移籍が発表されたDF國廣。

東京都リーグニュース

東京1部SHIBUYAのDF國廣がJ3相模原へ

写真:J3相模原への移籍が発表されたDF國廣。

 東京都社会人サッカーリーグ1部のSHIBUYA CITYは22日、DF國廣周平(25)が来季よりカテゴリーとしては4つ上となるJ3・SC相模原へ完全移籍することを発表した。

 大阪府出身の國廣は大阪産業大を経て、関西リーグのアルテリーヴォ和歌山などでプレーしたのちに、2022年より東京1部のSHIBUYAに加入。今季はエンジニアとして働きながらサッカーをこなし、リーグ戦13試合のうち12試合に出場。チーム初となる関東リーグ昇格をかけた「関東社会人サッカー大会」出場権獲得などに貢献した。移籍先となるSC相模原とは2年契約を締結し、本人は初めてのプロキャリアをスタートさせることになる。

 その相模原は来季より今季SHIBUYAでコーチを務めていた元日本代表の戸田和幸氏が監督になることが発表されており、戸田新監督もシーズン中には「選手はいきなりはうまくならないし、少しずつしか変わらない。でも、ある日突然ボーンと伸びる選手がいる。その一人が國廣で、そういった、たくましくクオリティのある選手を増やしていきたい」などと評価していた。

 國廣はクラブの公式サイトを通じて「サッカープレーヤーとして夢だったJリーグに行くチャンスがあるなら、居心地の良さや安定を捨ててでもチャレンジしたいと強く思い移籍を決断しました」とコメントしている。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    SHIBUYA準々決勝で力尽きる 境に0-2敗戦
    関東大会 12月11日

  2. 写真ニュース

    SHIBUYA、東京勢で唯一の8強進出
    関東大会 12月10日

  3. 写真ニュース

    SHIBUYAが初戦突破 海上 セルべ敗退
    関東大会 12月10日

  4. 写真ニュース

    SHIBUYAは初V届かず「1点の重み痛感」
    東京1部 10月31日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP