東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

Criacao Shinjuku
変わらない価値に、創造を。

CLUB VISION
Criacaoが存在する意義

 Criacaoは「サッカーを通じて、世の中に感動を創造し続ける存在でありたい」という理念を掲げ、2025年に世界一のフットボールクラブとなることを目指して活動しています。

 サッカーは脳から最も遠い足でボールを扱うため、必然的にミスが起こりやすく、そして試合中に選手以外と対話する機会が非常に少ないため、選手だけで決断が必要となるスポーツと捉えています。そんなサッカーだからこそ、自らが主体性を持ちながらも、仲間を助け合い、補い合うことが必要となります。

 最後まであきらめない姿勢や対戦相手を敬う態度といったスポーツの基本的な価値に加え、上記のようなサッカーの特性を追及し続けることが人の心を動かせるものだと考え、Criacaoは理念の体現を目指してまいります。

丸山和大:代表取締役CEO

丸山 和大(KAZUTOMO MARUYAMA)
株式会社Criacao 代表取締役CEO

CLUB ABOUT
クラブ概要

クラブ名
Criacao Shinjuku(クリアソン新宿)
クラブ名由来
創造(ポルトガル語)
クラブカラー
運営会社
株式会社Criacao
設立年
2013年
ホームタウン
東京都新宿区
セカンドチーム
Criacao Shinjuku Procriar(都2部)
アカデミー(育成)
Criacao Shinjuku ジュニアユース
WEBサイト
http://club.criacao.co.jp

沿革

 2005年にクラブ創立。2009年より東京都リーグに参入し、2014年に1部リーグ昇格1年目で優勝を達成。同年から3年連続で東京1部3位以内を確保して関東リーグ参入戦に出場するも、準決勝で2度敗れるなどあと一歩のところで昇格を逃す。昨年は1部リーグに参戦して過去最低の7位でリーグ戦を終え、関東参入戦も出場を果たせず。2018年シーズンは成山新監督を迎え、またチーム名を「Criacao Shinjuku」と改め、新たな気持ちで関東リーグ昇格を目指す。

前に向かっていく姿勢を示したい
成山一郎監督/Criacao Shinjuku

MANAGER MESSAGE
前に向かっていく姿勢を示したい

 Criacaoというチームは前に進んでいく、向かっていく姿勢というのが魅力のひとつにあります。そこに近年のサッカーで求められている判断やプレーのスピードを今季は付け加えていきたいと考えています。そのためにも社会人として限られた時間の中でいかに質の高い、密度の濃いトレーニングを積み重ねていけるが課題です。

 Criacaoはほとんどが社会人選手ですし、練習環境が整っているわけでもありません。また、本格的に関東リーグ、Jリーグを目指しているクラブに比べて個人のスキルや環境はまだまだ未熟です。ただ、私はそういった目に見える部分で勝負するのではなく、一人ひとりの人間性の質で勝負して関東リーグ昇格を目指していきたいと考えています。今季のCriacaoをどうぞよろしくお願いします。

成山 一郎:Criacao Shinjuku監督

成山 一郎(ICHIRO NARIYAMA)
Criacao Shinjuku監督

[プロフィール]
1977年生まれ/岩手県出身。関西学院大学卒。大学卒業後、サンフレッチェ広島などの育成コーチを経て、2007年からは関西学院大学体育会サッカー部のヘッドコーチ、監督を歴任。2015年に夏・冬の大学日本一を含む、4冠を達成。昨年はJ2愛媛FCのコーチを務め、今季からCriacaoの監督に就任。

2018 SEASON/Criacao Shinjuku

2018 SEASON
Criacao Shinjuku

登録メンバー

Pos. No. 名前 前所属
GK 1 阿部雄太 早稲田大学ア式蹴球部
DF 2 金裕士 OKFC
DF 5 恩田雄基 早稲田大学ア式蹴球部
MF 7 川井健吾 CriacaoProcriar
MF 8 石川大貴 早稲田大学ア式蹴球部
FW 9 原田亮 慶應BRB
MF 10 増田湧介 慶應義塾大学体育会ソッカー部
DF 13 山本有一 早稲田大学ア式蹴球部
MF 14 矢吹龍磨 筑波大学蹴球部
MF 17 上村佳祐 青山学院大学サッカー部
FW 18 大野裕行 CriacaoProcriar
DF 20 鈴木崇文 早稲田大学ア式蹴球部
GK 21 村下将梧 関西学院大学サッカー部
DF 22 剣持雅俊 桐蔭学園高校サッカー部
DF 29 土田雄弘 CriacaoProcriar
MF 42 山下翔平 CriacaoProcriar
DF 48 須藤岳晟 中央大学学友会サッカー部
DF 49 江幡駿 CriacaoProcriar
FW 50 岡本達也 ガイナーレ鳥取
FW 77 大和田歩夢 CriacaoProcriar
FW 99 伊勢太一 CriacaoProcriar

主将:DF金 裕士

 昨年は非常に悔しいシーズンを送りましたが、自分達をもう一度見直す良い機会になりました。まだまだ成長途上のチームではありますが、Criacaoが大切にしている事をもう一度チーム全体に落とし込み、0からのチャレンジャー精神を持って戦い昇格を掴み取ります。

主将:DF金 裕士

CONTENTS
Criacaoアーカイブ

GALLERY

栄養支援への取り組み
事業紹介/栄養支援事業部 CORPO

MESSAGE
栄養面からスポーツライフ、その先にある喜びをサポート

 スポーツに携わる人にとって、栄養はトレーニングや休養と並ぶ非常に大切なもの。株式会社Criacaoでは栄養について正しい知識を学び、自らの身体について考える人やクラブチームのスポーツライフをサポートしています。栄養素をなるべくシンプルに本質的な形で提供することで栄養環境を向上させ、より多くの感動を生み出すスポーツの発展に寄与します。

LINEUP プロテイン
CORPOプロテインのご紹介

プロテインとは

 たんぱく質は身体を作る大切な栄養素。筋肉以外にも、爪や髪、皮膚、骨、そしてヘモグロビンといった様々な形で存在しています。不足してしまうと、筋肉量の減少はもちろんのこと、運動後だけでなく普段の生活でも疲れが取れにくくなる可能性があります。運動をしている方は、一般より1.5~2.0倍必要と言われているため、意識的に摂取していく必要があります。

期待される効果と飲むタイミング

 とはいえ、普通の食事からだけで必要量のたんぱく質を摂取しようとすると、相当量食べなければなりません。その際に余分な脂質なども取ってしまうと、身体に悪影響を及ぼすことも。そんなときに便利なのがプロテイン。回復のゴールデンタイムと言われる試合後30分以内、成長ホルモンが分泌される就寝の1時間程度前、就寝中に体内でタンパク質を消費した朝。効果が高いと言われるこれらのタイミングの摂取を試し、是非効果を実感してみてください。

高品質・低価格への取り組み

 プロテインは原料の由来、その製法、他栄養素の付加、フレイバーなど、各社がニーズに合わせて様々な商品を展開しています。弊社では牛乳由来のホエイプロテインを、極力添加物を排除した商品を用意。独自のネットワークで原料先を選定、無駄を省くことで安価にご提供しています。良質なたんぱく質を誰でも気軽に取れるように。CORPOプロテインにはそんな想いが詰まっています。

LINEUP スポ―ツサプリメント
CORPO AQLO(アクロ)のご紹介

水分とパフォーマンスについて

 身体の約60%を構成する水分。人間は運動時に発生した熱を逃がそうと汗をかきますが、その結果水分が失われると血流が悪くなり、パフォーマンスがどんどん低下していきます。通常は水やスポーツドリンクで摂取することが多いですが、細胞内にまで行き届きにくく、すぐに汗となって身体の外に出ていきやすいとされています。試合中に継続的に摂取することが難しい水分をどのように取るべきか。そんな観点からたどり着いたのが、グリセリンローディングです。

新たな水分補給の手法「グリセリンローディング」

 グリセリンローディングとは欧米のオリンピック選手の間で活用されている水分補給方法の一つで、グリセリンを一定濃度で水に溶かして摂取する方法です。グリセリンは細胞膜を通過する際に水も一緒に引っ張っていく性質があるとされており、効率的な水分補給を可能にします。また保湿成分としても知られており、水を引っ張る性質を利用して少しでも長く体内にとどめようとする結果、長時間の水分補給効果が期待できます。水よりも少ない量で済むという意見が多く、山道を比較的軽装で走るトレイルランなどで多くのユーザがいらっしゃいます。

期待される効果と飲むタイミング

 AQLOを摂取することで、試合終盤になっても身体が動くようになったという声が選手から出ており、チーム全体としても足が攣る選手が使用以前に比べて減っています。試合の前日から少しずつ飲み始め、試合当日にはスポーツドリンクの代わりとして水とともに補給することで、効果を高めることができます。特に暑い夏場では、チームの必須アイテムとして活用しています。

CONTACT
お気軽にご相談ください

 弊社で扱うプロテインやスポ―ツサプリメントについて、また購入に関するご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。Criacaoでプレーしている弊社スタッフが対応させていただきます。

info@corpo.co.jp

STAFF
社員選手

PAGE TOP